太陽光発電で電気を蓄えよう~太陽光のエネルギーで生活する~

お家

コストを削減

一軒家

電力を削減するためには、電力を使わないという方法があります。ただ、それができない時もあります。そのような時は太陽光発電を活用することで、電力を使わずにすみます。

Read More...

無限エネルギーを活用

実施者

原子力発電所の事故によって、所謂エネルギー安全保障の対策が国で叫ばれています。結局は、原子力発電以上のポテンシャルがある発電方式がない以上は、国はこの技術と向き合って電力供給せざるを得ないのでしょう。しかし、これはあくまでマクロな話であって、家庭においては、もっと自由に議論ができるはずです。先の原子力発電事故によって、関東では輪番停電が実施されました。これによって、関東一円の工場などの生産力が著しく低下したのですが、これによって私たちは一つの教訓を得ることになったのです。それは、エネルギーの供給がなくなってしまっては、生きていくのに最低限の生活環境も維持ができないということです。そこで、さすがに産業のエネルギーの代替には、天地がひっくりかえってもできませんが、家庭の電力供給ならできるというものがあります。それは、家庭用の太陽光発電システムです。太陽光発電システムとは、文字通り太陽光発電パネルを外壁や、屋根などに設置して、昼間の日照時間を利用して発電をします。そして、蓄電池も合わせて設置していれば、夜間にも非常用電源として利用することができます。太陽光発電を導入するには、電気工事が必要ですが、この電気工事の良し悪しもその後のフォローに影響していきます。設置を検討したら、電気工事についても調べておきましょう。電気工事の選択も重要です。太陽光パネルの設備の際、どのくらいの電力を補うことができるのか問い合わせてみるといいでしょう。

断熱効果ある

相談

断熱効果がある、太陽光発電システムのパネルを活用することで、エアコンを活用せずとも室温を整えることができるかもしれません。ただ、あくまで断熱効果は一定のため、エアコンを活用することもあるでしょう。

Read More...

太陽光発電の導入

現場作業員

電気工事で太陽光発電システムを導入するときに気になるポイントとしては、かかる施工費用でしょう。しかし、太陽光発電には国から設置にかかる費用の補助金が出るのです。

Read More...